柿右衛門窯

電話番号0955-43-2267

十七世紀より現代に受け継がれる日本の美意識

柿右衛門窯
住所
佐賀県 西松浦郡有田町 南山丁352
HP
最寄駅
三代橋駅goo路線

柿右衛門窯の詳細情報

赤絵の完成と柿右衛門様式の確立

有田泉山で白磁鉱が発見され、日本で初めて磁器の焼成に成功したのが、元和2年(1616年)頃といわれています。

寛永年間(1624年~1645年)頃、肥前長崎の港では中国明朝の色絵磁器が陸揚げされていましたが、有田でもこれを受け、色絵磁器の生産が待ち望まれるようになっていきました。
このような情勢下で酒井田喜三右衛門は伊万里の陶商 東島徳左衛門らの協力を得て日本で初めて赤絵磁器を完成。正保4年(1647年)頃のことでした。
その酒井田喜三右衛門が後の初代柿右衛門その人です。

その後、有田の磁器は急速な進歩をとげ中国の磁器にかわりオランダ東インド会社の手によって広くヨーロッパに紹介されます。
中でも柿右衛門の赤絵は特に賞賛され、18世紀になるとヨーロッパ各地の窯で「柿右衛門様式」の倣製品が数多く生産されました。
ドイツのマイセン窯、オランダのデルフト窯、フランスのシャンティー窯などの「柿右衛門写し」は現在でも世界中に残っています。
一方国内においても肥前鍋島藩をはじめ諸藩から城中の調度品や贈答品としての特別注文を受けていたことが、酒井田家に残る「御注文絵形」など一連の文献によって知ることができます。

初期の赤絵は、中国明朝の磁器を手本にして出発したため中国的な「花鳥図」、「鳳凰図」などの絵柄が多かったようですが、三、四代柿右衛門の頃から「鹿紅葉」、「粟鶉」、「波千鳥」、「秋草」、「松竹梅」などの日本画的な文様が定着し、柿右衛門独特の乳白色の素地(濁手素地)と相まってその美しさは高く評価され、いわゆる「柿右衛門様式」が確立されるのです。
こうして初代の赤絵創始から約370年もの間、柿右衛門の技術と精神は絶えることなく代々受け継がれ、現在の十五代柿右衛門へと継承されています。

アクセス (最寄駅)
○JR線・有田駅車で約5分
(車)
○波佐見・有田インターから約10分
駐車場 駐車場あり
クレジット VISA、MASTER、JCB、AMEX、その他
営業時間 年中無休(ただし年末・年始は除きます)  9:00~17:00
休業日 年末年始

iタウンページで柿右衛門窯の情報を見る

周辺のお店

井上萬二窯
  • [ 陶芸家 ]
  • 0955-42-4438
  • 佐賀県西松浦郡有田町南山丁307
岩永浩
  • [ 陶芸家 ]
  • 0955-42-2172
  • 佐賀県西松浦郡有田町南原甲286-2
馬場九洲夫
  • [ 陶芸家 ]
  • 0955-42-3306
  • 佐賀県西松浦郡有田町南原甲200

おすすめ特集

  • 学習塾予備校特集学習塾・予備校特集成績アップで志望校合格を目指そう!わが子・自分に合う近くの学習塾・予備校をご紹介します。

おすすめのジャンル×エリア

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更

柿右衛門窯の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:佐賀県のビジネス | 佐賀県の著述・芸術家 | 佐賀県の趣味 | 佐賀県の美術・工芸 | 佐賀県の製造・加工(生活雑貨・日用品) | 西松浦郡有田町のビジネス | 西松浦郡有田町の著述・芸術家 | 西松浦郡有田町の趣味 | 西松浦郡有田町の美術・工芸 | 西松浦郡有田町の製造・加工(生活雑貨・日用品) | 南山のビジネス | 南山の著述・芸術家 | 南山の趣味 | 南山の美術・工芸 | 南山の製造・加工(生活雑貨・日用品)

関連する駅の電話番号情報:三代橋駅

関連する駅&業種の電話番号情報:三代橋駅のビジネス | 三代橋駅の著述・芸術家 | 三代橋駅の趣味 | 三代橋駅の美術・工芸 | 三代橋駅の製造・加工(生活雑貨・日用品)