遠見岬神社

電話番号0470-73-0034
 ]

勝浦市 遠見岬神社 天冨命をお祀りする古社です

遠見岬神社
住所
千葉県 勝浦市 浜勝浦11
HP
最寄駅
勝浦駅goo路線

遠見岬神社の詳細情報

遠見岬神社
当社は、房総半島に技術と文化をもたらした天冨命をお祀りする古社です。
その御由緒ははるか昔、初代天皇・神武天皇の御代のお話しまで遡ります。
四国から房総へと渡られた天冨命は関東全域の発展に寄与されました。
そして技術の伝承ののちに当地に住まわれたと伝えられます。
江戸時代になると勝浦は、「勝浦三町江戸勝り」と例えられたほど繁栄するに至ります。
時が下った現在では、レジャーや観光、街全体が雛人形に彩られる
『かつうらビッグひな祭り』など、全国から人々が集う地となりました。
勝浦の地を古くより見守り続ける天冨命は今も人々をお守りくださっております。

天冨命の御実績の一つを『古語拾遺』に見ることができます。
天日鷲命の孫たちを従え、阿波国の開拓をした天冨命は、さらに豊かな土地を求めて阿波忌部氏の一部を連れて海を渡ります。房総半島に上陸した御一行はさっそく麻や「穀」を植えました。すると特に麻の育ちがよく、麻の古語である「総(ふさ)」から総国と命名しました。上総国、下総国という名称もここから由来します。また居住地には、祖神である天太玉命の社(現在の安房神社)を創建し、以前いた四国の阿波国の名をとって「安房」と名付けました。今でも房総半島に阿波国と同じ地名が多数あるのはこのためです。

 安房の開拓を終えた天冨命たち忌部氏は関東の開拓に乗り出します。房総半島を北上し関東一円に麻や「穀」を植え、養蚕や織物、製紙などの技術を伝えました。開拓を終えた天冨命は当地においでになり、遠見岬(現在の八幡岬突端)に住まわれ、先住民たちに漁業や農業、建築などの技術を教えました。現在、全国的に有名な勝浦漁港ですが、これも天冨命の御事績といえます。

かつうらビッグひなまつり
二月下旬から三月に行われる「かつうらビッグひなまつり」では四十万人もの観光客が訪れます。平成十三年から開かれているこの祭りは、御祭神ゆかりの徳島県勝浦町から七〇〇〇体のひな人形を譲り受けたことからはじまります。勝浦の名所でひな人形が飾られ、当社では六十段の石段に一二〇〇体のひな人形が並び、一番の目玉スポットとして多くの観光客で賑わいます。観光・漁業の町として発展した勝浦を今も当社は見守り続けております。

アクセス (最寄駅)
○JR外房線勝浦駅より徒歩約10分
(車)
○圏央道市原「鶴舞IC」から約40分
駐車場 駐車場あり:最大10台
クレジット お取り扱いしておりません
営業時間 ◆授与所(おみくじ/お守り/朱印) 9:00~17:00(都合により留守の場合があります)
◆祈祷受付 9:00~16:30 (ご遠方の方はお電話でご相談下さい)
休業日 なし

iタウンページで遠見岬神社の情報を見る

周辺のお店

安立寺
  • [ 祈とう師/寺院 ]
  • 0470-73-7514
  • 千葉県勝浦市浜勝浦12
千葉本励
  • [ 祈とう師 ]
  • 0470-73-7514
  • 千葉県勝浦市浜勝浦12
西川佳璋
  • [ 寺院 ]
  • 0470-73-0314
  • 千葉県勝浦市浜勝浦10

おすすめ特集

  • 学習塾予備校特集学習塾・予備校特集成績アップで志望校合格を目指そう!わが子・自分に合う近くの学習塾・予備校をご紹介します。

おすすめのジャンル×エリア

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更

遠見岬神社の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:千葉県の冠婚葬祭・イベント | 千葉県の宗教 | 勝浦市の冠婚葬祭・イベント | 勝浦市の宗教 | 浜勝浦の冠婚葬祭・イベント | 浜勝浦の宗教

関連する駅の電話番号情報:勝浦駅

関連する駅&業種の電話番号情報:勝浦駅の冠婚葬祭・イベント | 勝浦駅の宗教