塚本産業・技術・経済研究所

FAX兼0827-47-2642

産業・技術・経済について□□□□□□□□□□□□□□□□□□

塚本産業・技術・経済研究所
住所
山口県 岩国市 天尾赤谷439
Mail
y-tukamoto@sea.icn-tv.ne.jp
最寄駅
北河内(山口)駅goo路線

塚本産業・技術・経済研究所の詳細情報

<産業>
■産業と社会の関係のあり方
産業は第一次産業、第二次産業、第三次産業に大別され、さらに個別の各産業に細別される。
第三次産業はサービス産業であるので別格とすると、ひとまず第二次産業・第一次産業中の各産業が、生産性の高さに応じて、直接社会の指導的役割を果たすべきと考える。
すなわち産業と社会を進化させるためには、社会において生産性を評価の尺度とすべきと考える。
■産業インフラ投資に対する考え方
産業振興のための基盤を「産業インフラ」、それに対して環境保全・社会福祉のための基盤を「社会インフラ」とすると、産業を振興させて経済成長を促すためには、前者への投資を積極的に行う必要がある。
また近年はITの発達により、「情報インフラ」の比重が高まったが、これは上記二者の両方にまたがる。
要は経済成長の持続を中心にして、産業インフラ投資と社会インフラ投資を峻別すると同時に、両者の均衝を図るべきと考える。

<技術>
■自主技術
技術には伝統的な「自主技術」と外国からの「導入技術」があるが、後者も年月を経て我が国に根付くと、前者に転化すると考えられる。
私の場合は、技術者としての経歴を通じて身に付いた、自主技術が取り扱いの核となる。
■技術分野
化学繊維産業で、製造プロセス・機械装置・プラント等の設計業務に携わってきた。
一方で、中山間地域でありかつ振興山村でもある所に住んで、農業や林業に携わってきた。
因みに林業では、21世紀に入って、「森林の有する多面的機能の高度かつ持続的発揮」が中心的な課題となった。
農業では、耕作農地の集約化や野菜工場などが振興の方向性であるようだ。

<経済>
■サプライサイドエコノミクス
経済は需要と供給、言い換えると、生産と消費で成り立つ。
私は経歴上主に生産者サイドにあって、サプライサイドエコノミクスの観点に立脚している。その反面で近ごろは、たとえば観光業に適合する、ディマンドサイドエコノミクスの観点にも注目するようになった。
■民間主導経済
民間主導経済か財政主導経済かということでは、自分では一貫して前者が望ましいと考えてきた。
■経済成長の持続
我が国の戦後の経済成長の推移について一応勉強している。
因みに、景気循環は戦後十数回を数えるが、その大体を認識している。
■国際経済
国際経済ではアジア外交、とりわけ東部アジアの中国・韓国等との関係改善が重要になってきた。
このことをひととおり認識している。


塚本産業・技術・経済研究所
山口県岩国市天尾赤谷439
TEL 0827-47-2642

 

アクセス (最寄駅)
○錦川清流線・北河内駅下車徒歩10分
(車)
○北河内駅から3分
駐車場 駐車場あり

iタウンページで塚本産業・技術・経済研究所の情報を見る

周辺のお店

山猿(合同会社)
  • [ 環境コンサルタント/経営コンサルタント ]
  • 0827-93-4008
  • 山口県岩国市竹安196-1
帝国レディース興信所岩国市電話相談受付
  • [ 探偵・興信 ]
  • 0120-373605
  • 山口県岩国市土生304-3-1
谷村照雄
  • [ 米店 ]
  • 0827-47-2907
  • 山口県岩国市天尾977-3

おすすめ特集

  • 学習塾予備校特集学習塾・予備校特集成績アップで志望校合格を目指そう!わが子・自分に合う近くの学習塾・予備校をご紹介します。

おすすめのジャンル×エリア

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更

塚本産業・技術・経済研究所の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:山口県の暮らし | 山口県の相談・調査 | 山口県のビジネス | 山口県の士業・コンサルタント | 岩国市の暮らし | 岩国市の相談・調査 | 岩国市のビジネス | 岩国市の士業・コンサルタント | 天尾の暮らし | 天尾の相談・調査 | 天尾のビジネス | 天尾の士業・コンサルタント

関連する駅の電話番号情報:北河内(山口)駅

関連する駅&業種の電話番号情報:北河内(山口)駅の暮らし | 北河内(山口)駅の相談・調査 | 北河内(山口)駅のビジネス | 北河内(山口)駅の士業・コンサルタント