御井神社

クチコミ
電話番号0853-72-3146
 ]

安産の神様として信仰されています

御井神社
住所
島根県 出雲市 斐川町直江2518
HP

御井神社の詳細情報

御井神社(みいじんじゃ)

安産 御井神社 由緒概略
御井神社は、古事記及び風土記等日本最古の史書十三の文献に
記された由緒ある神社である。当社が安産の神また水神の祖であるとの
謂われは、記紀に記された次の故事による。大国主大神は因幡の白兎の
神話の時、むこうで八上姫(やかみひめ)という心姿の美しい女神を愛され
姫はやがてみごもられた。臨月となられた八上姫は、背の君に会いに出雲
大社へ行かれたが、会わずに引き返された。そして神奈火山の麓直江(な
おえ)の里まで帰られた時産気づき、やがて玉のような御子を挙げられた。
そこで三つの井戸「生井(いくい)」・「福井(さくい)」・「綱長井(つながい)」を
順次掘り、御子を産湯させてから木の俣に預け母神のみ因幡に帰られた。
これにより御子を木俣神(このまたのかみ)または御井神(みいのかみ)と申し
上げ、安産と水の守護神として全国からの信仰を集めている。

古墳 生井、福井、綱長井
母神八上姫が湯あみされ、また当社木俣神(御井神)を産湯なされた霊泉である。日本最古の井戸で宮中にも御分霊して祭られている。
戦国時代までは境内であったという。
本居宣長「古事記伝」に「祭神五座ノ中、神祇官ニ座ス座摩ノ御座ノ阿須波ノ神、波比祇ノ神、コノ次ノ段ニ出テ同ジ御族ノ神ナリ」とある。
つまり、水神五座の内上段にある神が生井、福井、綱長井、三柱の神である。
三省堂刊「広辞苑」に次のように記載されている。


生 井 生気ある神 子安 無病息災
福 井 (栄久井)栄える井 母子の発展 家運隆昌
綱長井 つるべの綱の長い井 母子の長寿 家内安全

アクセス (最寄駅)
○JR山陰本線・直江駅より車で10分
(その他)
斐川ICより車で5分
出雲空港より車で15分
駐車場

iタウンページで御井神社の情報を見る

周辺の宗教

玉昌寺
  • [ 寺院 ]
  • 0853-72-8421
  • 島根県出雲市斐川町直江3318
玉田宗達
  • [ 寺院 ]
  • 0853-72-8421
  • 島根県出雲市斐川町直江3318
天理教/吉斐川分教会
  • [ 諸教教会 ]
  • 0853-72-0323
  • 島根県出雲市斐川町上庄原480-3

おすすめ特集

  • 学習塾予備校特集学習塾・予備校特集成績アップで志望校合格を目指そう!わが子・自分に合う近くの学習塾・予備校をご紹介します。

おすすめのジャンル×エリア

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更

御井神社の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:島根県の冠婚葬祭・イベント | 島根県の宗教 | 出雲市の冠婚葬祭・イベント | 出雲市の宗教 | 斐川町直江の冠婚葬祭・イベント | 斐川町直江の宗教