有限会社鍛示商店

クチコミ
電話番号075-841-1133

「京都の伝統、京房・撚ひも」伝統工芸品のことなら鍛示商店へ!

有限会社鍛示商店
住所
京都府 京都市上京区 下立売通七本松西入西東町366
HP
Mail
info@kaji-13.co.jp
最寄駅
円町駅 / 北野白梅町駅goo路線

有限会社鍛示商店の詳細情報

神輿用飾り綱 地祭用飾房各種 房(ひも) (ひも)製造 飾り房太鼓台 ちょうさ用金綱 だんじり用金綱御玉飾り 法衣 佛具 装束用各種ひもふさ 珠数房…など
工芸品のことならお気軽にご相談下さい。
TEL075-841-1133FAX075-812-1193


~房紐の歴史~
ものを縛ったり繋いだり結わえたりする紐…人々の生活を支えてきた実用的なものから次第に装飾性が求められ、房飾りや結び方に工夫がこらされるようになってきました。

古代の房紐は長期にわたり比較的素朴な形で受け継がれてきました。「工芸房紐」として見られるようになったのは奈良時代以降のこと。中国・唐時代に文化の影響を受けて、その技法・配色・図柄などを学んだ結果だと考えられています。当時の遺品としては、法隆寺や正倉院の几帳、垂飾や条帯あるいは馬具や楽器の弦飾、刀子の緒などが残されています。

平安時代に入ると、権威、荘厳さをあらわすために飾り房や結びが工夫されるようになり、日本独自の優麗典雅なものが作られるようになりました。この頃から袈裟・数珠をはじめ、服飾の平緒や袖露の緒、冠帽の緒、室内調度品や身の回りの小物類など広範囲にわたって房紐は使用されるようになるのです。

鎌倉時代以降の武家社会になると、武具や甲冑の縅(おどし)、太刀の下緒、馬具など実用的に多く使われるようになり、その技術は極めて高度な発達を遂げていきます。

室町時代に入ると茶道の興隆に伴って、仕覆の緒や掛軸の啄木など更に需要が広がっていきます。徳川時代になって本願寺が建立され、禅院も復興…こうした宗門の興隆は組紐や飾り房の製作を非常に盛んなものにしました。

桃山時代以降江戸時代になると庶民にも房紐の需要は広がり、江戸時代中期から「房屋」や「紐屋」という専門店が誕生し始めます。さまざまな場面で荘厳さと華やかさを演出し、生活に潤いをもたらしてきた房ひもと撚りひもは永い歴史と伝統をもつわが国の優れた工芸品の一つといえるでしょう。

アクセス (最寄駅)
○JR山陰本線・円町駅から徒歩10分
(バス)
○京都市バス丸太町御前停留所・徒歩5分
○京都バス丸太町御前停留所・徒歩5分
駐車場 駐車場あり
時間

営業時間
平日

開店時間 09:00 閉店時間 17:00
休業日 土曜日、日曜日、祝日

iタウンページで有限会社鍛示商店の情報を見る

周辺の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連)

井上秀峰佛具店
井上秀峰佛具店
  • [ 寺院用具製造/寺院用具店/仏具製造… ]
  • 075-841-5551
  • 京都府京都市上京区下立売通七本松東入長門町402
有限会社田中長製作所
  • [ 木製品 ]
  • 075-462-2163
  • 京都府京都市上京区中立売七本松東入三軒71
有限会社蓮祥
  • [ 寺院用具製造 ]
  • 075-354-6565
  • 京都府京都市上京区百万遍町81-2

おすすめ特集

  • 学習塾予備校特集学習塾・予備校特集成績アップで志望校合格を目指そう!わが子・自分に合う近くの学習塾・予備校をご紹介します。

さがすエリア・ジャンルを変更する

エリアを変更
ジャンルを変更

有限会社鍛示商店の関連リンク】

関連するエリア&業種の電話番号情報:京都府のビジネス | 京都府の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連) | 京都府の製造・加工(衣料関連) | 京都市上京区のビジネス | 京都市上京区の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連) | 京都市上京区の製造・加工(衣料関連) | 西東町のビジネス | 西東町の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連) | 西東町の製造・加工(衣料関連)

関連する駅の電話番号情報:円町駅 | 北野白梅町駅

関連する駅&業種の電話番号情報:円町駅のビジネス | 北野白梅町駅のビジネス | 円町駅の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連) | 北野白梅町駅の製造・加工(木製品・紙・パルプ関連) | 円町駅の製造・加工(衣料関連) | 北野白梅町駅の製造・加工(衣料関連)